読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思春記

3年目教員のブログ

教員とG-SHOCK

こんばんは。学生生活最後のテストとレポートを終え、ホッとしています。

後はきちんと単位が出て、卒業できることを祈るばかりです。

 

さて、今回は時計のお話です。G-SHOCK(ジーショック)はみなさん知っておられると思うのですが、CASIOが開発・販売を行っている腕時計ブランドです。

私の錯覚かもしれませんが、教員ってG-SHOCKを使用している人が多いように感じます。

小学校・中学校にジャージ姿の先生が多いように、小中学校の先生方はアクティブに動き回らなければならない場面も多々あると思われます。

そういった面からも、頑丈さが売りG-SHOCKを使用している人が多いのではないかと思われます。

 

私自身、G-SHOCKを欲しいなと思っていたので、この機会にブログに書いてみたわけです。

では、G-SHOCKの機能について紹介していきます。

 

・SHOCK RESIST

言わずと知れた耐衝撃機能です。すべてのG-SHOCKに搭載されているようです。

・WATER RESIST

防水機能です。G-SHOCKは基本的に20気圧防水が搭載されています。

・MUD RESIST

防塵・防泥機能です。泥にも対応しているとは流石ですね。

・RUST RESIST

防錆機能です。錆対応…あまり想像ができませんがすごそうですね…。

・MULTI BAND 5/MULTI BAND 6

時刻電波修正機能です。世界各地で自動的に時刻修正ができる機能となっています。

・Tough Solar

太陽電池充電機能です。いわゆるソーラーですね。

(すべてのG-SHOCKに以上の機能がすべて搭載されているわけではありません)

 

素晴らしい機能ばかりですね…。G-SHOCKは時計というカテゴリの中に入りますが、他の時計とはまったく異なる位置づけだということを改めて感じます。

様々な機能を搭載しているG-SHOCKなのですが、私のおすすめ(というより私が欲しいもの)を挙げたいと思います。

 

FROGMANフロッグマン

まずはフロッグマンです。その前に、MASTER OF Gというシリーズについて説明をしておきます。

MASTER OF Gとは、普通のG-SHOCKよりも更に過酷な状況に対応できるよう作られたシリーズのことで、要は上位モデルということです。

その中でもこのフロッグマンは潜水用防水機能をもったダイバーズモデルとなっています。

普段、潜水するようなことはないとは思いますが、ユニークな顔つきで腕に時計をした時にカエルの形に見える遊び心もある時計です。

 

・MUDMAN(マッドマン)

こちらのマッドマンもMASTER OF Gシリーズです。マッドマンという名前からも防塵・防泥機能を備えた頼れるモデルになっています。

例えば野球やサッカーなど、グラウンドを使用する部活動の顧問であればうってつけの時計だと思われます。

晴れの日にはもちろん防塵機能が、雨でグラウンドがぬかるんでも防泥機能があるので気兼ねなくガンガン使うことが出来ます。

シンプルな顔つきでファッション性も高いモデルになっています。

 

RANGEMANレンジマン

最後はレンジマン。MASTER OF Gの中でも最高峰のモデルとなっています。

トリプルセンサー搭載で、方位・気圧・温度・高度・を測定することができる登山向けのモデルです。

ステンレスのボタンがたまりません。ガッチリと男らしいフェイスです。

私もお金に余裕があればレンジマンが一番欲しいです(笑)

 

3つのモデルを紹介しましたが、正直、普段使いにはオーバースペックです。

ですが、せっかく買うなら上位モデルで所有欲を満たしつつ、仕事のモチベーションも高めていきたいものです。

もちろん、電波ソーラー搭載でもっと安価なモデルもあります。最初の一本はそういったモデルを使ってみるのもおすすめです。

小学校もしくは中学校で働くのであれば、いざというときに一本あると便利ではないでしょうか。

雨の日、水を使用する時、汗をかく時など、金属バンドの時計では不便な時があります。そんな時にG-SHOCKがあればサッと付け替えて、腕時計をしたまま気兼ねなく取り組めるのではないでしょうか。

少しでも気になった人は、ぜひG-SHOCKのサイトでウェブカタログをご覧ください。

【追記】

 MASTER OF Gには手が届かず、こちらのモデルを買いました。