思春記

3年目教員のブログ

レキシの歌を授業に導入

こんばんは。月曜日から教育実習生の実習がスタートし、懐かしい気持ちになりました。

さて、今日はレキシさんというアーティストの紹介です。

レキシさんがどんな方か知りたい人はぜひオフィシャルウェブサイトをご覧ください。

参考までにWikipediaの記述を引用して紹介します。

レキシは、日本のミュージシャン、池田貴史(いけだたかふみ)によるソロユニットかつ、ユニット内における池田自身の名称。1997年に活動開始、2007年にメジャーデビュー。

レキシとは、池田貴史さんによるソロユニットなのです!

名前の通り、歴史に関する楽曲を作成しています。そして良曲揃い。

まずは手始めにこちらをお聞きください。


狩りから稲作へ  feat. 足軽先生・東インド貿易会社マン/ レキシ (歌詞あり) - YouTube

どうですかこの世界観。私はこの曲を口ずさむレベルで好きになってしまいました(笑)


レキシ/墾田永年私財法 feat.田ンボマスター - YouTube

こちらはなんとサンボマスターのボーカルである山口隆さんが参加されています。

歌詞もストレートかつパワフルでグッと突き刺さるような名曲です。

せっかくこんなに良い歴史の歌をレキシさんが歌っているのであれば…

私は「授業で流さない手はない」と思ってしまいました(笑)

早速CDを手に入れ、準備万端です。明日あるクラスで流してみようと考えています。

インパクトの大きな資料であるが故に、その場だけ盛り上がって尻すぼみになってしまうという懸念はありますが、歴史もしくは社会そのものが嫌いだとか、関心の薄い生徒にはこういった教材で興味を惹きつけるのもひとつの手ではないのでしょうか?

とりあえず、私は生徒の反応を確かめるべく実践してみます(笑)

もちろん、教材という見方ではなく、一人のレキシファンとして、アルバムを買ってiPhoneだったり音楽プレイヤーに入れて聴きまくるのもおすすめです!

アルバムも4枚ほどリリースされていますので、まとめ買いもおすすめです(笑)

レキシ

レキシ

 

 

レキツ

レキツ

 

 

レキミ

レキミ

 

 

レシキ

レシキ

 

「レキシ」「レキツ」「レキミ」「レシキ」とどれもややこしいタイトルですが、ここにもレキシさんの遊び心が垣間見えます。

何かの参考になれば幸いです。それではまた!

広告を非表示にする