読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思春記

3年目教員のブログ

古本屋には宝が眠っている

こんばんは。今日は雨で部活が休みでした。

子どもたちはがっかりしたでしょうが、私にとっては良い休養になりました。

ひたすらボーッとしていたのですが、それではいけないと思い、近所の古本屋に足を運びました。

アイシールド21を読みました(笑)

やはり青春スポーツものは堪りません。リアルタイムで読めなかったことが悔やまれます…

ただ単にマンガの立ち読みをしただけではなく…

しっかり教育コーナーをチェックしました。おっ!と思う本があったので即購入を決めました。

仲島正教さんの「教師力を磨く」です。小学校教員であった著者のエピソードが多く書かれています。若手教師が伸びる、というコピーにも惹かれました。

教師力を磨く―若手教師が伸びる「10」のすすめ

教師力を磨く―若手教師が伸びる「10」のすすめ

 

お次は児玉雅子さんの本。Amazonでは在庫がないようです。

恐らく小学生以下向けの内容なのでしょうが、教養としてパッと話せるといいかなと思い購入しました。

三冊目は「ありがとう、先生!」というジブラルタ生命のラジオ番組で放送されたものをまとめた本です。

「先生からもらった、忘れられないひとこと」を集めた本で、子どもに声を掛ける時の参考にするのはもちろん、自分自身を振り返るためにも買ってみました。

ありがとう、先生!

ありがとう、先生!

 

最後は辻秀一さんのスラムダンク勝利学」です。

スラムダンクが好きということもありますが、部活動指導に役に立つ部分があればと思い購入しました。

読み終わったらバスケ部の先生にプレゼントしようかとも考えています(笑)

スラムダンク勝利学

スラムダンク勝利学

 

古本屋へ行くと思わぬ本に出逢ったり、とても安い値段で本が売られていたりと、驚きが得られるので定期的に足を運んでいます。ぶっちゃけるとマンガの立ち読みがメインなんですが(笑)

近頃はゆっくりと本を読む時間もありませんが、忙しさを言い訳にしないで、少しずつ読書していけたらと思います。それではまた。