思春記

3年目教員のブログ

平日はUNIQLOの服で

こんばんは。今日は平日、つまり学校で着ている服を大雑把に紹介します。

私はこれ!と決めたら揃えたくなってしまうタイプなので、仕事用の服はUNIQLOで統一しています。

生徒からどう思われているかは分かりませんが、サイズと色づかいさえ間違えなければダサくなることはないのではないでしょうか。

みなさん知っていますよね。安くて質が良いので私は大好きです。

クールビズがスタートしているということで、クールビズ用のコーディネート一例をご参考までに。

まず、インナーはエアリズムです。ノーネクタイでワイシャツの第一ボタンを外してもインナーが見えないようにVネックを使用しています。ホワイトもいいですが、ベージュは白シャツを着ても透けないのでおすすめです。

ワイシャツはドライイージーケアのスリムフィットシャツです。汗を乾かして快適に保ってくれるドライ機能に加え、しわのつきにくいイージーケア機能を搭載しています。画像はクレリックで、ちょっとした遊び心がありますね。個人的には、ノーネクタイの時は襟がきちんと立つボタンダウンカラーが好きです。

スラックスはドライストレッチパンツもしくはドライノータックパンツがおすすめです。ストレッチ素材を使用しているため、履き心地はドライストレッチパンツの方が上です。タックが入っているものもありますが、腰回りはすっきりしていた方がスマートな印象になりますので、ノータックをおすすめします。

ベルトはきれいめのステッチベルトがいいですね。靴が黒ならベルトも黒。靴が茶ならベルトも茶にするとコーディネートにまとまりが出てきます。私はスーツを買ったときにセットで靴とベルトを購入したのでそちらを使っていますが、UNIQLOのベルトでも十分です。

靴下は夏場はドライデオドラントがいいですね。ドライ効果で汗を乾かしてくれます。

 

と、ここまでUNIQLOの商品を紹介してきました。個人的には本当にUNIQLOで十分だと思っています。

ベルトもUNIQLOのものを紹介しましたが、大事なことはUNIQLO(のような価格の安いもの)に小物を合わせていくことです。

例えば、時計・靴・鞄・ベルト・ネクタイ・ネクタイピンなど、まだ工夫できるところはあります。小物に気を配っていれば、全体的にまとまって見えます。

特に、時計・靴・鞄は値段の差が大きく出るところではないでしょうか。ここにはしっかり投資してもいいと思います。

あとは最初にも書きましたがサイズ感です。サイズは本当に大切です。自分の身体に合った服を着ているだけで様になります。めんどくさがらずに試着をしましょう。UNIQLOのシャツだと、スリムフィットとレギュラーフィットがありますので、自分に合ったものを着ましょう。

サイズに関連して、スラックスの裾は必ず直しましょう。少し長い、少し短いくらいだからいいや、と思わずに直しましょう。少しの差で見え方は大きく変わってきます。

最後に、できるだけ値下げされている時に買いましょう。金曜日もしくは土曜日に新聞にチラシが入っています。(新聞を取っていない方はネットでチェック!)一着あたり価格が1,000円くらい違ってきますので、値下げされた時に買わなければ損です。自分はよっぽどのことがない限りは値下げされた時にしか買いません。

少しでも参考になれば幸いです。それでは!