中学校教員のブログ。

とある4年目中学校社会科教員のブログ。

若手教員におすすめする一本目の腕時計

f:id:thesevendays:20180802231029j:plain

初めての腕時計におすすめのブランド

 

夏のボーナスも入ったし、そろそろしっかりとした腕時計が一本欲しいなぁ。

 

と考えている新卒や2、3年目の方におすすめのブランドを紹介します。

 

※この記事が割と読まれているので、よろしければこちらもご覧ください。 

sevendays.hatenablog.jp

その名も"フレデリック・コンスタント"

 

本日紹介するのは"フレデリック・コンスタント"というブランド。

 

略して"フレコン"と呼ばれることもあります。

 

ブランドについて

 

フレコンについて、ホームページから引用して紹介します。

 

すばらしい時計をつくりたい。創業者であるピーター・スタースと妻アレッタの飽くなき情熱から、「フレデリック・コンスタント」は誕生しました。デザインから開発組立、品質管理に至るまで全てをスイス・ジュネーブの自社工場で行う数少ないマニュファクチュール「手の届くラグジュアリー」をブランドコンセプトに高品質な時計を、お求めやすい価格でお届けすること。それが、フレデリック・コンスタントのフィロソフィーであり、使命だと考えています。

ブランドについて | BRAND | フレデリック・コンスタント

 

ポイントは2点。

 

・マニュファクチュール

 

・手の届くラグジュアリー

 

です。

 

マニュファクチュール

 

そもそも、マニュファクチュールとは何なのか。

 

マニュファクチュールとは、ムーブメント(時計の駆動装置)から自社一貫製造する時計メーカーを指す業界用語。原語はフランス語の"Manufacture d'horlogerie"。

エタ等のムーブメント・メーカーからムーブメントを購入して時計を組み立てるエタブリスール(établisseur )の反対語。高度で幅広い技術を持っている証しとされ、セイコーシチズンジャガー・ルクルト、パテック・フィリップ、グラスヒュッテ・オリジナル、ランゲ・アンド・ゾーネ、ロレックス等が知られる。

マニュファクチュール - Wikipedia

 

説明する必要ありませんね。

ここに書いてあるとおりです。

 

セイコーシチズンの国産時計も大きな魅力がありますね。

 

フレデリック・コンスタントは名だたる時計メーカーと肩を並べるマニュファクチュールのブランドのひとつなのです。

 

手の届くラグジュアリー

 

若手教員におすすめしているわけですから、ある程度リーズナブルでなければいけませんね。

 

フレデリック・コンスタントは自らを「手の届くラグジュアリー」と言っているブランドです。

 

コストパフォーマンスにも自信をもっているということが分かります。

 

 

たとえばこの時計。

シンプルで落ち着いた3針が3万円台で手に入る。

 

初めての一本には最適な腕時計かと思います。

 

このコスパの高さがフレデリック・コンスタントの大きな武器ですね。

 

まとめ

 

今日は高コスパなマニュファクチュール腕時計ブランド、フレデリック・コンスタントを紹介しました。

 

私ももっと早くこのブランドの存在を知っていたら、1年目か2年目で買っていたと思います。

 

ひそかに、サブ的な役割としてフレコンで二本目を買っちゃおうかとも考えています。

 

最後にいくつかフレコンの腕時計を紹介して終わりたいと思います。

 

スモールセコンドのシルバーケース。ベルトはブラウンのレザー。

3針に比べるとシンプルさは落ちますが、上品な雰囲気は変わりません。

 

ムーンフェイズを搭載。この値段にできるのはすごい。

 

お値段は高くなりますが、スクエアタイプもあります。

ハートビートといって、中の機構が見えるデザインになっているのも◎

 

ベルトも含めてオールシルバー。

シンプルにまとめられていて嫌らしさも感じませんね。

 

腕時計を買うと、スーツを着るのがちょっとだけ楽しみになりますよ!

一本くらい、カチッとした腕時計を持っておくことを強くオススメします!