中学校教員のブログ。

とある中学校社会科教員のブログ。

時間を守る

f:id:thesevendays:20190608201819j:plain

教育実習生の授業にて

先日、教育実習生の授業を参観した。

 

授業そのものに慣れていないこともあり、導入に時間がかかりすぎたり、求めているような展開になるのに時間がかかったりして、時間が押していた。

終末には教師によるまとめの時間が設定されていたが、残り時間はあとわずか。

 

どうするのだろう、と思っていると…

 

「今日の授業はこれで終わります」

 

とさらり。

 

素直に「すごいな」と思った。

 

授業が延長しそうになったので、スパッと切った。

 

これって、なかなかできることじゃない。

 

普段の授業ならともかく、研究授業。そして実習生。

 

時間を守ることはとても大切。

 

個人的には、終わりのチャイムが鳴った時点で生徒の思考は途切れると思っている。

 

だから、絶対に延長しない(ことを心に誓い、授業をしている)

 

自分の大切にしていることを改めて確認できた瞬間だった。

 

例えば、始まりのチャイムで着席できていなかったり、準備できていなかったら血相変えて怒る先生がいたとして、その先生が終わりのチャイムを守らなかったらまずいですよね。

 

生徒に「時間を守ろう」と言っている以上、教員も「時間を守る」べき。

 

明日は日曜日。時間から解放されてゆったり過ごそうと思います(笑)