中学校教員のブログ。

とある中学校社会科教員のブログ。

イレギュラーだからこそ

f:id:thesevendays:20200304214452j:plain

人間性や真の実力が問われる時

コロナウイルスの影響で休校中。

イレギュラー中のイレギュラー。

 

こんな時だからこそ、人間性や真の実力が問われる。

 

私の学年団は「一枚岩」とは言い難い。

「仲良し」であるべきだとは思っていないが、ある程度の団結力は必要だと思う。

それは学級も同じで、普段は違う方を向いていても、いざという時に同じ方を向ける、そんな力がある学級はしなやかで強い。

 

ちょっと話が逸れてしまった。

 

「なぜこんなことを感じたのか?」

 

休校になり、成績処理、通知表・要録の作成、教室の環境整備などに取り組んでいるわけだが、リーダーシップが発揮されているとは言い難い状況なのである。

学年の打ち合わせは、決定事項を伝えているのか、学年職員に意見を求めているのかが分からないまま進んでいく。

学年で使用している黒板があるが、そこに書かれたこともコロコロと変わっていき、それがすぐに共有されない。

 

そうだ、これは完全に愚痴だ。

よくないことは分かっている。

 

私は忖度せずに発言する方なので、衝突することもある。

それでも、子どもたちのことを思うと発言せずにはいられなかった。

 

今、学校に子どもはいない。

ちょっとだけ折れそうになる時がある。

それを少しだけ吐き出させてもらいました。

 

切り替えてのんびりやっていきます。

それでは。