中学校教員のブログ。

とある中学校社会科教員のブログ。

前任校から届いた封筒

f:id:thesevendays:20210227000219j:plain

中身を開けてみると

授業から戻ると、封筒が机上に置かれていた。

前任校からのもので、早速開封して中身を開けてみる。

部活動で関わっていた生徒からの手紙が入っていた。

 

どうやら「お世話になった先生に手紙を書く」という取り組みを卒業前にしているようだ。

その取り組みの是非は置いておいて、思いのこもった手紙を受け取るのはとても嬉しいことだ。

 

私が中3の担任をしているときに、その生徒は中1だった。

私が顧問をしている部活動に入部し、関わりは1年間だけだった。

手紙には、部活動での思い出や、私と過ごした時間について記されていた。

 

そして最後にはこう書かれていた。

「私も先生のような教師になりたいと思っています」

 

思わず目頭が熱くなった。

今もまだまだ未熟だが、当時はもっともっと未熟だった。

至らぬ点もあっただろうし、不満を抱いたこともあっただろう。

今ならもう少しだけ、うまくやれただろうなと思うこともある。

 

でも、手を抜いていたのかと問われればそんなことはない。

そのときに出せる全力で生徒とぶつかっていた自信だけはある。

 

今の自分はどうだろう。

働く場所が変わって、立場が変わって、変わってはならない部分まで変わってはいないだろうか。

 

そんなことを気付かされた、考えさせられた一通の手紙だった。

 

土日が終われば3月。

今の学級も終わりを迎えようとしている。

もう一度、一人一人と向き合って、残り一ヶ月を過ごそうと思う。

 

それでは。