中学校教員のブログ。

とある中学校社会科教員のブログ。

たった一日の再会

f:id:thesevendays:20200408195513j:plain

休校と休校の間に

昨日は始業式でした。

休校という長いトンネルから抜ける、と思いきや、再び休校となりました。

残念ではありますが、かけがえのない命を守るためですからね。

 

久しぶりに会う子どもたちは、相変わらずとっても素直でした。

登校することができないことでフラストレーションが溜まっている子もいるとは思いますが、明るく元気なあいさつ、背筋がピンと伸びた姿勢、立派だなと思わされることばかりでした。

 

旧クラスでのあいさつを済ませ 、新クラスを発表し、散り散りになっていきました。

「学級開き」については別で書こうと思っていますが、新たな出会いもまた、素晴らしいものになりました。

机・イスをもって新しい教室に移動してくるやいなや、サーッと静かになり、私が話しを始める前から教室は静寂に包まれました。

この生徒たちの姿に私もスイッチが入り、最初の語りは短時間ではありましたが、伝え切れたかな、という思いがあります。

これからが楽しみになる出会いでした。

 

また何日かの休校期間があり、子どもたちとはしばらく会えません。

子どもたちが学校にいる間はできるだけコミュニケーションをとれるように、この休校期間にできる限りの準備をしていこうと思います。

それでは。