中学校教員のブログ。

とある中学校社会科教員のブログ。

どんな教員になりたいか

f:id:thesevendays:20200509234943j:plain

ぼんやりと考えてみました

こんなツイートをしました。

 

「どうなりたいの?」

「何を目指してるの?」

 

生きていれば、そんなことを問いかけられることもあります。

そこでビシッと答えられたら、そりゃかっこいいんでしょうけど。

 

ぼんやり、ぼんやりとですが考えてみると、これがしっくりくるんですよね。

その子が大人になった時に「今までで面白かった先生ランキング」みたいなものを思い浮かべるとして、そこのトップ3くらいには入っているような教員になりたいってところです。 

 

ちょっと深掘りすると、「面白い」ってのがまた複雑なんですよね。

授業が面白いのか?トークが面白いのか?動きか?それとも顔か?

 

これもぼんやりですけど、「なんとなく面白い」でいいんじゃないかなって思ってます。

「なんかこの先生の授業面白いな」でいいんじゃないかなって。

 

こっちは面白くなるように策略を練りますよ。それはもちろんです。

でも、子どもたちはそこに気づかなくてもいいなって思います。

 

「よくわからんけど面白い」からスタートして、

「やっぱ面白いっていいな」みたいに思ってくれたらいいですね。

 

面白いな、わくわくするな、そんな風に思ってもらえる教員になれるといいな。

それでは。