中学校教員のブログ。

とある中学校社会科教員のブログ。

自問自答を繰り返す

f:id:thesevendays:20191215224622j:plain

「任せる」ことに甘えない

Twitterのタイムラインを眺めていると、ハッとさせられるツイートがあった。

まさにその通りだと思った。

私は「任せる」ベースの学級経営をしているが、「任せる」ことにかまけて、上を示すことを疎かにしてはいないだろうか。

 

「任せた」からといって、責任から逃れられるわけではない。

「任せた」結果、子どもはどうなったか、どうなっていくか、そこまで見取る必要がある。

 

自問自答を繰り返し、出るべきところで出る、そしてもっと高いところへ子どもを導いていけるような存在でありたいと改めて思った。

私の引用リツイートに対して、furu-tさんが引用リツイートしてくださった。

教員は、私は、何のために存在するのか。自問自答していこう。