思春記

3年目教員のブログ

教員に名刺は必要なのか

教員に名刺は必要なのだろうか

f:id:thesevendays:20160830235542p:plain

民間企業、特に営業の方は必需品ですよね。

名刺交換のマナーを叩き込まれたという友人も数多くいました。

新任の時から、教員に名刺は必要なのだろうかと考えることがありました。

必要ないならその時はその時。まずは作ってみよう。ということで作りました。

といっても自分で作ったわけではなく、オンライン注文しただけなのですが…。

1学期の間だけでも、数回、名刺を渡す場面がありました。

部活動にて

これが一番多かったです。2年目になり、自分の経験を生かせる部活動の顧問になりました。

恐らく、この学校に勤務している間はもう部活動を変わることはないでしょう。

練習試合や合同練習など、横のつながりを増やしたかったこともあり、他校の顧問の先生にお渡ししました。

公式大会や実技講習会、審判講習会の時など、意外と渡す機会はあるものです。

同市町村の中学校であれば、定期的に顔を合わせる機会があるかもしれませんが、隣の市町村になると、そういった機会は減ってしまいます。生徒にとって、他の市町村との交流は刺激になると思い、名刺をお渡ししています。

総合学習にて

総合学習では、地元の方々の協力を得る場面が数多くあるはずです。

お話しをお聞きするだけではなく、ゲストティーチャーとして学校に来ていただいたり、時には地域のイベントに参加させていただいたり。

そんな時に、名刺をサッと出してお渡しできると、お話しをスタートさせる第一歩にもなります。

あってよかったと思えた瞬間のひとつです。

職場体験にて

職場体験(キャリア学習)を実施している中学校はたくさんあるのではないでしょうか。

私の勤務校もそのひとつです。生徒の体験が主な内容ですが、もちろん、事前にアポをとったり、事後に感謝を述べたりします。

職種は様々ですが、担当してくれる方はどなたも企業の一員です。やりとりをする中で、名刺交換をする場面もありました。

ここでもやはり、あってよかったと思いました。

『あってよかった』と思える

名刺を持つ前は、一方的に名刺をもらい、少し気まずいなと感じる時もありました。

しかし、名刺を持つようになってからは、あってよかったと思うようになりました。

他にも、交通マナーについて、携帯電話の使用についての講師をお願いする時にも、講師の方とのやりとりの中で、名刺を交換することがありました。

学校には様々な行事があります。名刺交換をしても、その場限りにお付き合いになる方もいるかもしれません。そういう方のほうが多いかもしれません。

しかし、名刺を交換することで、相手に印象を残すことができるのではないかと思います。あまり名刺をもたない教員の世界であればなおさらではないでしょうか。

例えば、部活動の講習会があると、様々な市町村から顧問が集まってきます。中には、以前に試合をしたことのある中学校の顧問もいることでしょう。最近どうですか、と声をかけ、また今度練習試合でもやっていただけませんか、と名刺をお渡しする。その顧問の先生が学校に帰ったあと、自分のことを少しでも思い出してくれればこっちのものです。お誘いいただける確率は上がるのではないでしょうか。

メリットはほんの少しかもしれませんが、続ければ大きなメリットになっていくのではないか、そんな風に考えて名刺を作って、渡しています。

まずは、自分の中で、必要か、そうでないかを見定めていきたいと思います。

名刺の作り方

私はartcodeさんで作りました。リンクしておきます。

シンプルなものから凝ったものまで様々なデザインがあります。

私はごちゃごちゃするのも嫌だなと思い、シンプルなデザインを選びました。

デザインによっては、顔写真を入れたり、QRコードを入れたり、裏面をデザインしたりすることもできます。

名刺に必要な情報

必要な情報も極めてシンプルです。

・校名

・氏名

・学校所在地

・電話番号

・ファックス

・メールアドレス

・ホームページアドレス

これくらいですね。個人の携帯電話番号を載せている名刺を見たことがありますが、会社から持たされている携帯ならともかく、個人の携帯電話番号を載せる勇気はありませんでした(笑)

先ほどリンクしたartcodeさんであれば、こちらで選んだ画像をロゴマークにできるので、校章をロゴマークにするだけで、それっぽさを出すことができます。

名刺はツールでしかない

ただ、個人的に名刺はひとつのツールでしかないと思っています。

結局は、他者とのコミュニケーションの取り方でどうとでもなると思います。

私は、その手助けのようなものとして、名刺を選びました。

どのような効果が出てくるかは、もう少し待ってみることにします。

2年目になりました

2年目に突入です

今年度に入り、まったく更新することができませんでした。

ブログの存在を忘れていたわけではありません。

「忙しい」と言うのは好きじゃないのですが、2年目として迎えた1学期は本当に忙しかったです。

去年はぐうたらしていた夏休みも、今年はあっという間にお盆休みが終わろうとしています。

副担任から担任へ

去年は副担任でした。今年は担任をしています。初めての担任です。

私に副担任としての意識が足りなかっただけかもしれませんが、副担任に比べて担任はとても気疲れします。

同じ自治体で採用された同期には、新卒1年目で担任をもっていた人もいました。

「大変だなあ」と思っていましたが、今になって考えると、同じ新卒1年目、私は副担任、同期は担任、同じ給料をもらっていたと思うと申し訳なくなってきます。

本来であれば、1年目は副担任として教員としての仕事を見て学ぶべきだとは思いますが、配当された学校の事情によって、全員が副担任というのは無理なのでしょうね。

教員のチームワーク

1年目に副担任として勉強不足だったことから、4月・5月は本当に苦労しました。

「もっとあの先生から学んでおけば」と思うことが多々ありました。

しかし、幸いに大きなトラブルなく1学期を終えることができました。

それは学校・学年がチームとして動くことを意識し、支えてくれる方々がいたからこそだと思います。

こういった意識をもって動いてくださる周囲の方々に感謝です。

だからこそ私もこれまで以上にチームで動くことを意識しようと思います。

経験を生かせる部活動

去年は経験のない部活動の担当でした。

こういうものなんだと割り切ってはいましたが、どうしても部活動の時間は苦しかったですね。もどかしい日々が続きました。

今年は経験を生かせる部活動の担当になりました。

大会などで自分の時間が奪われ、プライベートを充実させる余裕はまだまだありませんが、精神面だけでなく、技術面でも指導ができるのは嬉しいですね。

(部活問題 対策プロジェクト)http://www.geocities.jp/bukatumondai/

「ブラック部活動」と呼ばれることもありますね。こんなホームページもあります。

部活動を通して生徒は様々なことを学ぶことができますが、その一方で失われているものもたくさんありますね。生徒と教員が共に成長していけるような機会・時間になるように考えていけなければならない課題ですね。

 

私見をちょろちょろ書きました。

副担任としての経験や、担任としての実践も書いていけたらと思っています。

 

中学教師 新任3年目までの仕事の教科書 (中学教師の教科書シリーズ)
 

「“当たり前のことが当たり前にできる”、そんな先生がアタリの教師」

まったくもってその通り。1年経った今、実感します。

初心に戻ろう。

 

SLOWのポーチを買いました

SLOW / rubono

SLOWのポーチ(rubono)を買いました。

SLOW、前々から気になっていたブランドでした。

革小物好きとしては興味をそそられます。

http://www.slow-web.com/index.html

ホームページに書かれているコンセプトも素敵です。

クラッチバッグとして使う

本来はポーチなのですが、私はクラッチバッグとして使っています。

rubonoのポーチは3つのサイズで展開されていますが、一番大きなLLサイズを買いました。

財布(SETTLER / もうすぐ購入から1年が経ちます)や手帳、文庫本、iPhoneなど、たくさん入れることができます。

同程度の収納力がある、PORTERやKELTYのボディバッグは持っていますが、クラッチバッグがトレンドということもあり、思い切って買ってみました。

PORTERのフリースタイルシリーズです。よく被ります(笑)

[ケルティ] Kelty MINI FANNY 2591825 Black (Black)

[ケルティ] Kelty MINI FANNY 2591825 Black (Black)

 

こちらはKELTYのMINI FANNY。安価で耐久性があります。ガンガン使えます。

バッグインバッグとして使う

元々がポーチということもあり、バッグインバッグとして使うことができます。

使用頻度の高いモノや、電子機器類などを分けて収納するのに便利です。

マルチに使えるモノなので、これから様々な場面で活躍してくれそうです。

価格は10,000円を切るので、クラッチバッグとして考えると、お手頃な部類に入ってくるのではないでしょうか。

栃木レザーを使用しているので、エイジング(経年変化)も楽しむことができます。

前述したように、3サイズの展開があるので、自分の用途に合ったモノをお選びください。

SLOW、おすすめです。

私が買ったモノより一回り小さいLサイズ。

さらに小さいSサイズ。

ペンケースもあります。買っちゃおうかと考えています(笑)

【まとめ】教員採用試験対策記事一覧

教員採用試験のまとめ記事です

2016年も早いものでもう1月が終わります。

思い返せば、本格的に教員採用試験の対策を始めたのは2014年の2月ごろでした。

大学の試験も終わって、落ち着いたところで勉強を開始した記憶があります。

さて、今回は教員採用試験対策関係の記事をまとめてみました。

中学校、特に社会科を志望している人には参考になるかもしれません。

興味のある記事だけでものぞいてみてください。

教員採用試験の準備

まずは相手を知ることから

受験する自治体の科目や形式を知らなければ、対策を立てることすらできません。

まずは過去問を手に入れて、自分が何にどれだけ時間をかけなければいけないのかをイメージしましょう。

最初にしっかりと計画を立てることができれば、見通しをもって対策を進めることができます。

教職教養・一般教養の対策

範囲の決まっている教職教養で得点を狙う

教職教養は教育原理・教育史・教育心理・教育法規によって構成されています。

一般教養とは違い、出題範囲をある程度絞りこむことができます。

セサミノートをひたすらチェックして得点力をアップしていきましょう。

(一般教養の記事がありませんが、こちらもセサミノートをやりこみましょう。)

教員採用試験対策 セサミノート1 教職教養 2017年度 (オープンセサミ・シリーズ)

教員採用試験対策 セサミノート1 教職教養 2017年度 (オープンセサミ・シリーズ)

 

 

教員採用試験対策 セサミノート2 一般教養 2017年度 (オープンセサミ・シリーズ)

教員採用試験対策 セサミノート2 一般教養 2017年度 (オープンセサミ・シリーズ)

 

専門教養の対策

日本史の対策

『教科書よりやさしい日本史』を読んだり、マンガを読んだり、いろいろなことをしました(笑)

どの教材を選んだとしても、早い段階で一度通史し、その上で再度計画を立てましょう。

世界史の対策

私はやりきることができないまま試験を迎えてしまいました…。

世界史Bを学習していない人は手が出しにくいかと思いますが、早めに取り掛かりましょう。

地理の対策

私はとにかくこの2冊を読み込みました。カラフルなので割と飽きずに読み進めることができます。

公民の対策

最も得意な科目でした。短期間で実力アップできる科目です。

これと決めた参考書をサクッと進めていきましょう。

どうしても苦手な分野がある人へ

高校入試レベルが身についていなければ、大学入試レベルを身につけることは難しいです。

中学校時代の教科書を引っ張りだしてもいいし、中学校の教科書を買ってもいいでしょう。

集団面接・個人面接の対策

どんな服装で臨めばいいのか迷っている人へ

面接においては、服装からすでに試験は始まっていると考えましょう。

自分が納得できる服装で臨みましょう。

集団面接と個人面接の違いを知りましょう

集団面接と個人面接、突破のカギはそれぞれ異なります。

何が求められているのか、見られているのかを考えて臨みましょう。

教育実習の準備

教育実習を制す者は教員採用試験を制す?

とにかく失敗を恐れずに一生懸命やりましょう。

しかし、黙々と実習を行うだけではもったいないです。

しっかりと準備をし、自分が実習で何をしたいかをはっきりとさせましょう。

そうすれば、おのずと教採で話せるようなエピソードができます。

やる気・モチベーション

学習時間や学習内容を"見える化"しよう

私はStudyplusを使用していました。

日・週・月単位で学習時間を振り返ることができるので、モチベーションにつながっていきます。

学習内容も入力できるので、内容の偏りを修正することもできますね。

やる気は出るモノではなく出すモノ

簡単な問題や単純な作業からまずはやってみる。

参考書を開く!ペンを持つ!やる気は出すモノなんです。

この一曲が俺を奮い立たせる

つらいときや投げ出したくなったとき、図書館からの帰り道でもいつでもいいです。

マイテーマソングを決めるとなんだかテンションが上がってきます。

大学受験コンテンツを使ってみよう

独学がつらい…という人へ。月額980円の価格で全教科・全講座が見放題。

PDFのテキストも無料ダウンロードできます。

NANGA × DOORSのダウンジャケットを買いました

NANGA × DOORS "AURORA"

f:id:thesevendays:20160125220320p:plain

お久しぶりです。一ヶ月ばかり更新できませんでした…。

気付けば2016年。4月で教員生活も2年目に突入します。

1年目以上に公私ともに充実した年にしたいです。

ボーナスが入ったこともあり、(私としては)少し高めのお買い物をしました。

URBAN RESEARCH DOORSNANGAに別注をかけたダウンジャケットを購入しました。

ダウンといえば、CANADA GOOSEに興味があったのですが、モコモコしすぎるし、オーバースペック気味、そして何より高価で手が出せませんでした(笑)

CANADA GOOSEは来シーズンにダウンベストあたり狙っていこうかなと思ってます。

ということで、本日はNANGAのダウンについての記事です。

NANGAってなんだ?

ダジャレみたいになりましたが、自分もNANGAの存在を知ったのは2015年になってからのことです。

ニワカかと思われるかもしれませんが、その通りです(笑)

NANGAは滋賀県米原市に本社を構える国産、つまり"MADE IN JAPAN"メーカーです。

布団の町から生まれた寝袋(シュラフ)メーカーとのことです。

社名はヒマラヤにあるナンガパルバットという山にちなんでいるそうです。

詳しいことはNANGAのホームページを参照してください。

http://nanga-schlaf.com/

こちらのウェブマガジンも読み応えがあります。

TRAIL CULTURAL WEBMAGAZINE TRAILS(トレイルズ) : #001 NANGA / ナンガ – 国内生産だけは、絶対にやめない。

NANGA AURORA DOWN JACKET

今回購入したのはオーロラダウンジャケットという商品です。

オーロラという名前は、表生地に使用されている"オーロラテックス"という素材からきています。

オーロラテックスとは?

表生地の素材は、特製の多孔質ポリウレタン防水コーティング素材。防水性を高めると蒸気透湿性が低下するという問題を解決した高レベルの防水透湿性を持つ素材で、超微粒子をポリウレタン樹脂に含有させることで、コーティング膜中に…(中略)…高レベルの防水浸透性能を達成し、100um以上の雨の粒子を防ぎながら0.0004um以下の水蒸気は楽に放出させるという、これまでのコーティング素材にない優れた特性を実現したものです。

f:id:thesevendays:20160125215656p:plain

長ったらしいですが、外側の風や雨をしっかりと防ぎながらも、内側の蒸れはきちんと解消してくれる素材だと認識しております(笑)

AURORA × PENDLETON

URBAN RESEARCH DOORSのNANGA別注もあるのですが、私が今回購入したのは更にアメリカのウールブランドであるPENDLETONもコラボした商品。

裏地がPENDLETONになると、約10,000円の差が生まれるのですが、せっかくなので自分の満足できる商品を買いました。

f:id:thesevendays:20160125220810p:plain

こちらが私が購入した『NANGA×DOORS Aurora×Pendleton』です。

税抜38,000円が20%オフで30,400円、楽天市場のショップでポイント10倍キャンペーンの時に購入したので3,040ポイントをもらうことができました。

暖かさ、文句なし。

今まで自分が着ていたダウンがいかにショボかったのかが身をもって分かりました(笑)

ジッパーは鼻を覆うくらいまで上げられますので、しっかりと上まで上げればとても暖かいです。

ヒートテック、シャツ、オーロラダウンと3枚でも十分な暖かさです。

今年は暖冬と言われていますが、1月に入ってからは寒波も襲ってきています。

ガシガシ使っていこうと思います。

別注・コラボが多い!

NANGAの商品を探してみると、私が買ったような別注商品や、コラボしているものが見られます。

もちろんノーマルの商品もいいですが、別注商品に目をつけるのもいいかもしれません。

ちなみに私はノーマルの商品を買おうと思っていたところに偶然URDの別注を見つけ、悩みに悩んだ末に購入に至ります。

悩んだら買っちゃいましょう!!寒い日も外に出るのが楽しくなる…かも?