思春記

3年目教員のブログ。中学校教育・教員採用試験・ファッション・投資など。

教員とフリース

寒い冬に軽くて暖かいフリース

どんどん寒くなってきています。

職員室の暖房器具が稼働し始めました。

ですが、各教室の暖房器具はまだ使えません。

(12月に入ってからでないとダメみたいです)

ちょっと寒いな、と思った時におすすめなのがフリースです。

今日は最近購入したフリースについて紹介したいと思います。

その前に…

そもそもフリースって着ていいの?

そもそもなんですが、学校現場でフリースを着ていいものなのか?

うちの職場は割と緩めなのか、認められている雰囲気があります。

もちろん、管理職の先生方が着られていることはないですが…。

私個人の考え方としては、"TPOをわきまえていれば可"ではないかと思っています。

「ほらみろ。教員の常識は世間の非常識なんだよ。」

と仰る方もいるかもしれませんが…。

ぶっちゃけ、スーツって教育現場に向いてませんよね?

○チョークの粉

これが地味に一番きつい。

サッと触れただけでも大ダメージ。テンション下がります。

○板書する時

黒板いっぱい使おうとすると、高いところや低いところも書かないければいけません。

背伸びしてみたり、しゃがんでみたり、そんな時にスーツだと突っ張ります。

○掃除する時

言わずもがな。ちゃんとやったら確実に汚れます。

○休み時間

小学校の先生だと特にそうですよね。

子どもと元気いっぱい遊ぶ時に、ジャケット…。

○生徒指導上

大変なこともありますよね…。本当に…。

 

パッと思いつくだけでもこれだけあります。

となると、ジャケットの代わりに…

ジャージという選択肢が出てくるわけですよね。

 

上はワイシャツ、下はスラックス。そしてジャージを羽織る。

このスタイルがなぜか個人的に受け付けません。

このスタイルの人が嫌い、というわけでは決してありません(笑)

だから私はこうなります。

上はワイシャツ、下はスラックス。そしてフリースを羽織る。

(ありえねぇだろ、と思う方がいるのも覚悟して書いてます)

今回はノースフェイスを購入

ノースフェイスの『マウンテンバーサマイクロジャケット』を購入しました。

見た目はこんな感じです。

肩部分の切り返しは、バックパック使用時の摩擦に対して耐久性を上げるための仕様なのですが、これもオシャレに見えますね。

マイクロフリースなので、肌触りがとてもよく、着心地も◎です。

静電ケア素材が使われており、静電気が苦手な方でも比較的安心して着用できます。

サイズが気になる方は公式ホームページでご確認ください。

ちょっとぴったり目の作りかな、という感じです。

もともとは登山用に作られていますので、部活動指導の際に着用するのもおすすめです。

寒い冬にウインドブレーカーの下に着込むのもありですね!

とにかく、様々な用途に使えるアイテムです。

一着持っておいて損はありません!ぜひ!