中学校教員のブログ。

とある4年目中学校社会科教員のブログ。

【教員の投資】つみたてNISAの銘柄を決定しました【その4】

積み立て銘柄決定!

f:id:thesevendays:20180114115323p:plain

昨日、SBI証券からつみたてNISA口座開設完了のお知らせが届きました。

sevendays.hatenablog.jp

本日、銘柄を決定しました。

「早すぎない?」と思うかもしれませんが、素人なりに考えて、ポリシーをもちながら選んでみました。

楽天・全米株式インデックス・ファンド

"投資の本流はアメリカにあり"

みたいな言葉を聞いて「かっこいい」と思ってしまいました。

もちろんそれだけで選んだわけではありませんが…。

信託報酬の安さ(年率0.1696%程度※税込)も魅力です。

ランニングコストが高いとそれだけで損な気がしちゃいます。

"全米株式"ということで、アメリカが伸びれば伸びます。

逆にアメリカが伸び悩めば伸び悩みます。

アメリカンドリームに賭けます!

semirita-1000.com

くろやぎさんのブログがとっても参考になりました。

探せば出てくるものですね。ありがたやありがたや。

eMAXIS Slim先進国株式インデックス

なんと言っても信託報酬が安い。

2018年1月30日から年率0.11826%程度※税込み

この他、信託報酬の安い先進国ものでは、「EXE-iつみたて先進国株式ファンド」(年率0.1155%※税込)がありますが、トータルリターンを重視してこちらにしてみました。

要は欲深いということですね。

楽天の全米株式だけだと、アメリカ経済の影響を100%受けてしまうと思ったので、先進国に分散させようという素人なりの考えです。

先進国なので、当然アメリカもこの中に入っているわけではありますが…。

www.churio807.com

ちゅり男さんのブログがとっても参考になりました。

興味深く、読みやすい記事ばかりで更新されるのが楽しみなブログです。

いつもありがとうございます。

ひふみプラス

好きだからだよ!

この本を読んで、藤野英人さんの考え方に影響を受けました。

人生100年時代のらくちん投資 (日経ビジネス人文庫)

人生100年時代のらくちん投資 (日経ビジネス人文庫)

 

藤野 英人(ふじの ひでと)は富山県出身の投資家(ファンド・マネージャー)。レオス・キャピタルワークス株式会社の創業者の1人。現在はレオス・キャピタルワークス代表取締役社長・最高投資責任者(CIO)。中小型・成長株の運用経験が長く、ファンドマネージャーとして25年超の経験を持つ。自身が運用責任者を務める「ひふみ投信」「ひふみプラス」「ひふみ年金」はシリーズ3本合わせて1200億円を超える、アクティブ運用の日本株ファンド。経済産業省などの政府委員、数社の社外取締役明治大学兼任講師、東証JPXアカデミーフェロー、国境なき医師団フィランソロピック・アドバイザーなども務める。

藤野英人 - Wikipedia

www.rheos.jp

ひふみプラスを運用するレオス・キャピタルワークス代表取締役社長・最高投資責任者を務めています。

ひふみプラスの信託報酬は「500億円まで1.0584%,500億円を超える部分0.9504%,1000億円を超える部分0.8424%※税込」です。

今だと0.8424%ですね。

先に紹介したふたつのものと比べて圧倒的に高いですね。

でも、いいんです。これは私のポリシーの部分です。

この人に任せて、どのような結果になるのか、楽しもうと思ったのです。

多少のわくわく感を求めての購入ですね。

もちろん、純資産総額が大きいということもポイントのひとつです。

まとめ

・つみたてNISAの銘柄を決めました

楽天・全米株式インデックス・ファンドでアメリカに期待する

eMAXIS Slim先進国株式インデックスは信託報酬の安さがGood

ひふみプラス藤野英人さんの考え方に影響を受けたから

また続編を書きます。

それでは。