中学校教員のブログ。

とある中学校社会科教員のブログ。

講師は教採どころじゃない

f:id:thesevendays:20190629092024j:plain

疲弊していく同僚を見て

勤務校には新卒の常勤講師がいる。

 

夏休みには教員採用試験を控えているが、勉強をしている様子はない。

 

それは決して怠惰というわけではなく、勉強する時間や気力が奪われているからだ。

 

人数の関係で、右も左も分からないまま、いきなり正担任。

 

教員養成系の大学を出ているわけでもないので、下地があるわけでもない。

 

そんな中、4月から今まで、大きなトラブルなく過ごしてきたことがそもそもすごい。

 

その代わり、犠牲になっているのが時間というわけだ。

 

私も時折、声をかけてはサポートしているつもりだが、学級のこと、授業のことに関しては踏み入れられない部分もある。

 

それでいて、部活動は運動部を任され、午後は日没までの指導が続く。

 

そう、逆にいつ勉強する時間があるというのか。

 

真面目な人であればあるほど、勉強できないような仕組みになっているように思う。

 

「勉強、しないといけないですよね〜」

 

ゴールデンウィーク前にそう言っていた彼だったが、今では

 

「その日を乗り切るのが精一杯です…」

 

と漏らしており、疲弊していっているのが目に見える。

 

外の運動部担当の彼のためにも、恵みの雨が降り注いでほしいと思うのであります…。