中学校教員のブログ。

とある中学校社会科教員のブログ。

誰もいない教室で

f:id:thesevendays:20200305210718j:plain

騒がしさが愛おしく思えるような静けさ

私は、生徒がいなくなった後の教室が好きだ。

 

帰りの会の後、「さようなら」をして子どもたちを教室から送り出す。

誰もいない教室、しかし、子どもたちの温もりが確かに感じられる。

 

「今日はこんなことがあったな」

「明日はどんな日になるんだろう」

 

そんなことを思いながら、ついついゆっくりしてしまう。

共感していただける方もいるのではないかと思う。

 

今日は、なんだか教室が恋しくなった。

理由は分からない。職員室がちょっとだけ息苦しく感じたのかもしれない。

 

突然の最後を迎えた教室は、まだキレイだとは言えない。

生徒が書いたメッセージも黒板に残ったままだ。

 

そんな誰もいない教室で、目を閉じる。

聞こえるのは風が吹く音だけ。

その静かさは、騒がしさすら愛おしく思わせるほどだ。

 

そこにはいない子どもたちからエネルギーをもらい、私は教室を後にした。

気分転換したい時は、教室まで歩こう。

なんなら、教室で本でも読もう。

 

スッキリとしたお別れができていたと思っていたが、どうやらそうでもないみたいだ。

3月はゆっくりしながら気持ちの整理をしていきたいと思う。

それでは。

みんなのきょうしつ

みんなのきょうしつ